ジオマンシー

ジオマンシーカードで占う方法

テキストの「大地からの16の神託 ジオマンシー占い」と「ジオマンシーカード」

【ワンオラクル】
用意するもの……ジオマンシーカード1セット
カードをよく切って1枚引く
使い方の例>質問への答。アドバイスに。ラッキーアイテムを占うときに。

【シンプル・トリプシティ】
用意するもの……ジオマンシーカード3セット(注1)
1・カードをよく切って、2枚引く。
2・2枚のカードの各段の「ドット」を足し合わせて偶数奇数を出したものが、3枚目のカードとなる。

《実占例》

ケンカしてしまった恋人と、どうすればいいかを占って、「竜の頭」「赤」の2枚を得た。「竜の頭」と「赤」を足すと、「大吉」となる。

下の図参照>1段目は、竜の頭の2つのドットと、赤の2つのドットを足して4なので、偶数。2段目は、竜の頭の1つのドットと、赤の1つのドットを足して2なので、偶数。3段目は竜の頭の1つのドットと、赤の2つのドットを足して3なので、奇数。4段目も同じ。

 

 

最初に引いた「竜の頭」が自分なので、こちらに正義があります。「赤」が、相手側なので、恋人は頭に血が上っているよう。けれど足し合わせた結果は、「大吉」なので、相手に引きずられずにきちんと自分を主張することで、両方にとって大吉の結果となります。

 

【星の神託】(注2)
用意するもの……ジオマンシーカード2セットと、メモ用紙など
1・2セットを混ぜてよく切る。
2・3枚ずつ、3列に並べる(図の1~9)
3・過去、現在、未来として読む
4・一番下のカードをそれぞれ足し合わせ【↑シンプル・トリプシティと同様に、各段のドットを足す】、得たシンボルをメモ用紙に記入する
3+6を10に、6+9を11に。
10+11=★が星からの神託。

《実践例》

ジオマンシーカードがこれからどうなるのかを占って、「獲得」「少年」「獲得」「白」「拘束」「竜の尾」「道」「少年」「竜の頭」が出たので、順番に3枚ずつ並べました。

左下の「獲得」と真ん中の「竜の尾」の各段のドットを足して、「少女」を得ました。右下の「竜の頭」と真ん中の「竜の尾」の各段のドットを足して、「拘束」を得ました。さらに「少女」と「拘束」の各段のドットを足して、最終結果として「白」を得ました。

(専用メモ用紙はBijouさんデザイン)

左側の過去の列から、ジオマンシーカードがチャレンジングな試みであったこと、みなさまに満足していただけたことがわかります。

中央の列の現在、「拘束」でハートをがっちりつかんでいること、けれど「竜の尾」から、そもそもの「ジオマンシー本の販促グッズ」としての役割は終えようとしていることが示されました(そう!販促グッズでした!)。

そして右の列の未来は、新たな道に向かって、再びチャレンジングな試みがはじまることが暗示されています。

下段の足し合わせたシンボルからは、「少女」と「拘束」で女性の心をしっかりつかみ、本当の意味でこのカードを楽しんでもらうべき、そして最終結果の…星からの神託は、学びを表す「白」。そう、カードを用意するだけではなくて、カードでの占い方を学べるようにしていくことが大事、という結果となりました。

 

★ジオマンシーカードの通販はこちら

「ジオマンシーカード」は、「大地からの16の神託 ジオマンシー占い」(説話社)の挿入イラストと同じ絵柄なため、シンボルの形をよりしっかりつかみたい方に、オススメ。

★ジオミャンシーカードの通販はこちら

「ジオミャンシーカード」は、大人気イラストレーターJamさんの可愛い猫ちゃんのイラスト付きなので、猫好きな方、可愛いカードを使いたい方に、オススメ。

ジオミャンシーカード

注1「シンプル・トリプシティ」で、カード3セット使う理由は、3枚とも同じシンボルになる場合があるため。

注2「星の神託」は「Geomantic 64カード」付属解説書の占法のアレンジ。シールドチャートを行う場合は、4セット必要。
(Geomanticカードは、16枚×4組=64枚セット)